大阪市福島区吉野の医療法人 慶心会 なかやま眼科クリニック|阪神「野田」駅より徒歩3分、千日前線「野田阪神」駅より徒歩4分、JR東西線「海老江」駅より徒歩5分

斜視・弱視

斜視・弱視

斜視とは

斜視は、両眼の視線が同じ目標に正しく向かない状態です。 このため片眼だけ違う目標を見つめているように感じられます。斜視には、ずれている方向により、内斜視、外斜視、上下斜視があります。

大人になってからの斜視は頭の病気や糖尿病を疑い、全身検査をしてその原因治療が先決ですが、子供の場合は視力が弱くなったり、 両眼で見られないために遠近感や立体感が育たなくなってしまうことがあります。幼少時に見られる内斜視は遠視によることが多く 眼鏡装用で正常な眼位になることが多いですが、乳児のころから角度の大きい内斜視(先天性内斜視)や外斜視、上下斜視などは手術治療が必要となることがあります。
当院では、6カ月の乳児から、斜視・屈折異常の検査が可能な「スポットビジョンスクリーナー」を導入しています。3才時検診で異常が指摘された場合にも、正確な検査を行うことが出来ます。

弱視とは

視力や立体感などの能力は、生後から6才くらいまで成長していきます。この期間に強い遠視や斜視があり、正しい情報が入ってこないと、目の能力の成長もそこで止まってしまい正常な視力が育たないことがあります。これを弱視といいます。まっすぐ両目で見ているか、遠くのものが分かるか、近づいて物を見たり、目を細める癖がないか等、子供さんの日常の行動で気になる点がありましたら、まずは受診してください。

弱視の治療は、原因の治療(手術やメガネ)を行い、その後視力を増強させる訓練を行います。当院では、視能訓練士による弱視治療・訓練を行っています。
三歳位までに弱視を発見できると、視力はかなり回復します。また親御さんの注意で予防することができますから、お子さんの視力の発達に注意することが大切です。また、三歳児健診での視力検査は必ず受けるようにしましょう。

クリニック情報

● 診療時間

診療時間
午前  9:00~12:30
午後15:00~18:30 手術

休診日 土曜午後、水曜午後、日曜、祝日、年末年始
※手術・・・火曜日の午後は、手術予約の方のみ

● クリニックのご案内

〒553-0006
大阪市福島区吉野1-21-7
センチュリーハイツO.H 1階

・阪神「野田」駅より徒歩3分
・千日前線「野田阪神」駅より徒歩4分
・JR東西線「海老江」駅より徒歩5分
・市バス「野田阪神」より徒歩3分

お気軽にお問い合せ下さい。

TEL:06-4803-8866

近隣コインパーキング有り

PAGETOP